FC2ブログ

こねこのあくび

ぐうたら主腐の日常。 乙女ゲー・BL・猫・育児関連など徒然なるままに。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

娘の結婚式

DqABrbSU8AE-N1g.jpg


DqABshQUwAAq6MU.jpg

10/21は娘の結婚式でした。
3月にすでに入籍は済ませてあり、挙式の費用を貯めるまでに時間が掛かったので、少し後になったようです。
場所は海のそばのホテル、ガラスのチャペルで。
場所柄悪天候だととても残念なことになりそうなので、お天気だけは結構心配だったけど
晴れ女の私のせいで雲一つない晴天に恵まれました。
子供の結婚は両家とも初めてのことであり、親族顔合わせの挨拶などもどちらも噛みまくりでそれがかえって和やかな雰囲気になりましたw

開放感のあるガラス張りのチャペルではさんさんと日が差し込み、若い神父様とコーラス、ハープやピアノの演奏もあり
私らのときのような教会でのおごそかな挙式とはまた違った趣がありました。
私は娘のベールダウンのお仕事をしました^^
二人が向い合せで手を取り合って神父様のお話を聞くのですが、新郎の真剣な表情を初めて見ることができましたw

披露宴はチャペルのあったホテルで。
ごくごくふっつーーの、でも上品で温かい披露宴にしたい、ということで、お互い職場の人は呼ばず友人と身内のみ。
長々とした何人ものスピーチや出し物はなし。
新郎側の親族の短い乾杯の挨拶、合唱部だった2人の友人らによる合唱、娘の友人による手紙の朗読のみで
あとは子供の頃からの写真を披露、くらいだったかな?
なのでとても和やかでのんびりした雰囲気になりました。

最後には2人の出生時の体重と同じ重さのミニ米俵がプレゼントされ…
それを私と新郎のお母様がそれぞれ抱っこしつつ、娘からの手紙を朗読してもらいました。
重さで産まれたときのことを思い出してね、ってことなんでしょうね…
娘の重さは2400ちょっとくらいだったけど、新郎は3700超え…お得ですねww

それと、娘からは少し前に聞かされてましたが、披露宴で発表があり。
BBAな私ですが、この度本物のBBAになり、娘は来年初夏に母になる予定です(゚∀゚)
身体を大事にして欲しいものです^^

スポンサーサイト

PageTop

新しい家族

以前お伝えしましたが、去年12月に、約12年間一緒に暮らしたにゃんを亡くしました。病気持ちだったのですが、晩年の介護が昼夜関係なくで私はまともに寝ることもできず、元々更年期でメンタルやられてて更にかなりしんどい日々を過ごし、正直言ってホッとしたのも事実です。覚悟してたとはいえ、家族の失意は大きかったけど。

新しい猫を迎えるのはリフォームなど終わってからね…と延ばし延ばしにしてたけどそれも終わり。半年ほど経って私も大分落ち着いてきたので、前も行ったことがある近所の保護猫譲渡会に5/21に行って、一番小さかったきょうだい猫2匹を貰ってきました^^
4月上旬産まれの3きょうだいで、うち1匹は予約済み。三毛のメスとキジ白のオス。
母猫は、保護主さんの会社の目の前で轢かれてしまったそうです。
三毛(メス)はみかん、キジ白(オス)はゆず、と名づけました。12年ぶりの子猫でしかもこんなに小さいのは初めて、多頭も初めてなので結構戸惑ってます(笑)
でも健康な子のパワーを貰えて私も頑張れるような気がします。ゆずみかん、ヒマさえあればバトルしてます…すごいな…

ダンナ、息子の喜びようは尋常でなく(笑)、新社会人となって早朝から深夜まで仕事な息子は帰ってくるとかなり癒され、単身赴任で週末のみ帰ってくるダンナは帰宅が楽しみでしょうがないようです。
先日彼氏と同棲するために埼玉に引っ越した娘も、来週用事で帰ってくる予定でしたが、今回のことを最後まで内緒にしてていきなり伝えたら、前日に仕事終わったら帰る!と言ってました(笑)

一旦お世話するもののいない気楽さに慣れてしまってたので、子猫と一緒の日々にまだちょっとリズムも掴めないけど、ノンビリ慣れていこうと思います。
ゆっくり大きくなあれ(*´ω`*)

DAVKsG0VYAAqJOy.jpg

DAZIpmcU0AAsgb4.jpg

DAZI0rVUAAAaZln.jpg

DAgqLrfXYAEe__c.jpg


PageTop

術後1ヶ月経過

6/3
退院後診察の予約の日。予約は15時で、14時までに採血を済ませておくこと。
娘が休みを取ってくれたので、お昼前には家を出て、生命保険の診断書を提出したり
早めに採血してそれから食堂でお昼にしたり。
あとは診察の時間まで図書室でマッタリ。
早めに受付したせいか、1~2時間待ちを覚悟してたけどそんなに待ちませんでした。

病理診断の結果は問題なし。がんはありませんでした。
内診の結果も良好。あとでちょっと出血あり。
痛みによる頻尿や更年期障害による不眠などについては漢方で対処。
7/1に一応薬のための診察を予約したけど、これ以降のフォローは娘の病院の漢方外来でやってもらうつもりです。
卵巣を取ったため、一気に更年期の症状が来てるみたいだけど、漢方でちょっと楽になってきたかも?

PageTop

術後10日目(退院)

5/17(日)
とうとう退院!
もうすっかり入院生活になじんでしまったので、日常生活に戻れるのか不安w
疲れるだろうな…
今一番気になるのは昨日も書いたトイレ関係のことだけど、まあこれは様子みつつガマンしてくしかないですね。
その他は特に調子悪いところもありません。
仲良くなった同室の友達と2ショの写真を撮りました。
彼女とは入院後半、一緒にパン屋さんに行ったりカーテン越しにお喋りとかして仲良くなったんですよ^^

ここは、同室の人の話を聞いてると、がんのⅣ期で骨転移で手術できないとか
再発6回も繰り返してるのよ、とか、人口膀胱で3回転移してるのにまだ生きてるのよ~、とか
みんな大変な人ばかりです。
でもちゃんと受け止めて、つらい治療もあるけど明るく過ごしてました。
そうなるまで色々葛藤とかあっただろうな、と思いました。
そんな中、切っただけで治る私はとてもラッキーだったのだなと思いました。
ほぼ元の体力に戻るのに1ヶ月、腸閉塞の心配があるので3ヶ月は食べてはいけないものなどあったり
しばらく薬を飲み続けたりなどはしないといけないけど、
毎日ちょっとずつ元気になっています^^
6/3に退院後診察があり、そのときにちゃんとした組織診断の結果がわかります。
多分良性なので安心しています。

PageTop

術後9日目

5/16(土)
今の体調としては、縫合部位の痛みは全くなし。治りかけのかゆみがある程度。
部分的に触っても感覚がないところもあるけど、徐々に戻ってくるのかな?
排尿時にキレが悪い、便が細い、溜まってきたときにお腹の中が軽く痛む、という感じがあるけど
これは数ヶ月単位で回復していくものだそうです。
傷口はとてもキレイだそう。
皮膚表面は縫合せず、内臓や皮膚の中のほうは溶ける糸で縫合してあるので抜糸はなし。
切開はみぞおちからシモノケの中ほどあたりまで、おへそを迂回して結構な長さになっています。
悪性を疑ってたのでここまで大きく切ったけど、良性だったらもっと小さくて良かったんですよねw
でもまあ、がんでなかったのでヨシとしますか(゚∀゚)

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。