こねこのあくび

ぐうたら主腐の日常。 乙女ゲー・BL・猫・育児関連など徒然なるままに。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

B医療センターへ

3/25。
幸い次の強い痛みは来ず、バスを乗り継いでB医療センターへ行きました。
1~2時間待ちを覚悟していたけどもそこまでは待ちませんでした。
捻転ということで、もしかしたら配慮してもらえたのかも?

順番が来て呼ばれると、結構年配のようだけどもベテランの風格がある女性の先生でした。
これまでの経過をざっと説明してから内診。
M病院では診察室←→内診室に(すぐ隣の部屋ではあるけども)ドア開けて入って~、とかだったんですが
ここは診察室の隅がカーテンで仕切られていて内診台がありました。
支度をして座るとクルリと先生のほうを向くようになってて、先生はデスクからそのままこっちを向いて内診できるのです。
これはいいシステムだなと感心しました(゚∀゚)
ドアからの出入りとか移動は10秒かそこらだろうけど、そのぶんの手間や時間の短縮というのは
患者側にしてもかなりのストレス軽減となりますね!

内診が終わり、改めて今までの流れなど先生の質問に答えていきました。
このあとはTwitterからの投稿をコピペ
--------------

診察終わりー 。さっきの人は看護師さんだったw先生はしっかりと目を見て分かりやすく説明してくれる人。MRI予定入れた。手術は混んでるので大学病院のほうが早くできるとのこと。

それまでに耐えられない痛みまが出たら緊急手術だけど、根治手術は出来ないので、出来る限りしっかり調べて望んだほうがいいでしょうと。1ヶ月やそこら先にしたところでそんな急激に進行しないから心配いりませんよ、だそうだ

とにかくMRI待ち。また転院はめんどいけど、大学病院なら安心だし方向見えてきたから少し心も決まったよ

ε=(ノ゚д゚)ノタダイマー 予約取ったMRIは食事もOKよ。前のM病院は相変わらずクソだったってことが良くわかったw 風邪とかチョイとしたケガならともかく、大きい病気はダメだね。 M病院は受診してから今まで放置してたんですかと言われたw

「良性でも値が悪くなることもありますしね」などと中途半端な言われ方しててモヤモヤしてたけど。今回「卵巣がんの可能性がかなり高いです」とハッキリ言われて良かったわ。おかげで?昨日までなかった食欲がちょい盛り返してきて空腹感出てきたもの。夕べのカレーの残りしっかり食ったぞw

昨日はビックリさせて皆さんゴメンなさい(;´Д`) 誤解なきよう改めて話しておきますが、ここの所騒いでいる痛みについては、がん由来のものではありません。進行してて苦しんでいるとかではないのでご安心くだされ^^ 大きくなっている卵巣の茎がねじれることによるもののようです

(茎捻転)ミルキーの包まれてる紙の状態を想像して頂きたいw何かの拍子でキュッと捩れてしまうわけです。ほどければ痛みはかなり引いてきます。ほどけなければ緊急手術ということです。 卵巣がんはたまたま見つかったものです。これは摘出して病理に出さないとがんかどうかは判明できないのです

私の場合は値が非常に高いのでおそらくそうであろうと。ただやはり取ってみないと診断はつかないのです。先生の話によれば、10人取って1人の割合でがんじゃなかった場合もあるとのこと。でもそれは誤診ではなく、診察の限界だと思ってくださいと。 ということでこれからMRI撮って手術に臨みます

痛みはそういうことなので、これから今起こるかもしれないし起こらないかもしれない、といった状況です。1人で長距離の外出はムリかな。 これからなるべく気楽にいこうと思ってるけど、もしかしたら弱音吐くこともあるかも。そゆときは生温かく見守ってくださったら幸いです(*´∀`)

------------------
以上Twitterより。

入院したらネットできなくなるし、ガラケーじゃメールとついったくらいしかできないので
今まで二の足踏んでたスマホへの変更を思い切ってしてきました。
今のガラケー、2年経ってなかった(;´Д`)
5月末で2年だったけどそれまで待ってられないし、今のうちに慣れておかないと入院しちゃったら余計難しくなるので
さっさと変えてきました。
息子に聞き、娘に使いやすくカスタマイズしてもらい壁紙まで選んでもらってw
とりあえずなんとかライン、ついった、メールはできるようになりました^^
あとは4/8のMRI待ちです。
手術が来るまで痛みが来ませんように…

スポンサーサイト

PageTop

転院→発見→転院

最初の受診から3日後の3/13。
その日なら娘が休みだというので、かかりつけのM病院の婦人科に行くことにしました。
それまでは軽い痛みは出てくるものの、薬を飲み暫く休んでれば外出できるくらいになってました。

婦人科の診察では娘も一緒に入ろうとしたので「え?入るの?」「うん、一応」
と、一緒に診察室に入りました。
内診、エコー、子宮がん検査、更に詳しい腫瘍マーカーの血液検査をしました。
娘の病院で撮ってきたCT画像とエコー画像を見せてくれました。
以前からの子宮筋腫は少し大きくなっている程度。
大きくなっている片方の卵巣は10センチほど。卵巣嚢腫です。
今回の痛みは、大きくなった卵巣の茎が捩れる、茎捻転であろうとのこと。
「それよりも、大きくないほうのこの影が気になるんですよね」
素人なので良くはわかりませんが、楕円形の卵巣の内側?になにかいびつに飛び出してるものが見えました。
とりあえず、3/20に検査結果を聞きにくることと、MRIの予約を一応4/10に入れておきました。

3/20。
たまたままた娘が休みだったので、病院に連れていってもらいました。
先日の検査の結果について。
子宮は体部、頚部にもがんは見つかりませんでした。
が、腫瘍マーカーの値が非常に高い。
通常30いくつのが700以上になってました。
話によれば、これがどこから(筋腫なのか嚢種なのか)なのかはハッキリしない。
卵巣がんの可能性はあるが、悪性でなくても高く出る場合もある。
精査のため、MRIを待ってください。
とのことでした。
常にある軽い痛みについて聞くと「これだけ大きくなってれば、どこかしら痛むのは当たり前なのでガマンしてください」
と言われました。


3/23。
午後、また同じような痛みが来ました。
もしかしたら便が残ってるのか?出たら治まるのかも?と思い、しばらく座っていたけども出るのは脂汗のみ。
20分ほど布団に横になっても治まらなかったので、寝ていた息子を起こしタクシーで婦人科へ。
息子はバイトもあるし付き添いは頼まず1人で行きました。
前かがみになって受付に行くと、配慮をしてもらえたのか、診察も待っている人を1組飛ばして呼んでくれたようです。
今回はいつもの先生ではなく、非常勤の講師でした。
エコー、内診をしてもらい、やはり捻転であろうとのこと。
「この大きさだと手術適応ですが、ウチ手術はやってないんですよね。他の手術のできる病院を探されたほうがいいと思います」

∑(゚Д゚;)?

前回、「手術も視野に入れておいたほうがいいし、悪いなら早めに取ったほうがいいでしょう。
だけど良性と悪性では手術の規模も違うから、まずMRIで見極めましょう」って言われてたんですよ。
それ聞いたら普通、ここで受けるんだと思うでしょ??
(゚Д゚)ポカーン
となりましたよ…

「えっと…探すって言っても…」
「手術をやっていて、ご自宅から近いところだとA病院かB医療センターですね」
リストすら貰えなかったので、先生の見ているリストを見せてもらい、病院名と電話番号をメモしました。
「どうします?まだとても痛むようだったら緊急搬送しますけど。そちらで場合によっては緊急手術になりますが」
「や…今は大分軽くなってきたので大丈夫です…」
「そうですか。それでは紹介状を今から書きますので、明日かならず行ってくださいね」

紹介状を書いてもらうのを、待合室の長椅子で横になって待っていると、
先ほど婦人科で付いてくれていた少し年配の看護師さんがささっと傍に来ました。
「次の病院ですけどもね、先日A病院に手術の依頼で行った方が1人いらっしゃるんですけど、
混んでて手術の予約がかなり待つようになったそうなんです。ですから行くならB医療センターのほうがいいと思いますよ」
と、コッソリわざわざ教えにきてくれました。

家に帰ってきてからB医療センターを調べました。国立病院です。
でも翌日は完全予約制の曜日と書いてあり、明後日行くことにしました。
1日痛みが来ませんように、と祈りながら3/25を待ちました。

手術できないのに留められた?のは非常にガッカリしましたが、考えを変えてみたら、
別の先生に当たって、さっさと転院するように勧められたのは却ってラッキーなのだと思いました。
非常勤講師だから、普段は別の病院にいるんですよね。
だから、手術のできないここに、何もできないまま何週間も留め置かれてるよりは
さっさと別のところに行ったほうがいいよと教えてくれたわけです。
前の先生に言われるままいたら、4/10にMRI撮って詳細が分かったとしても、
やっとその時点で別の病院を探してくださいと言われたことでしょう。それこそ時間のムダでした。
なので今では非常勤講師に感謝すらしていますw

PageTop

卵巣がんと言われました(発見まで)

自分用覚書&これから同じ病気になった人のために。

まずはどうして見つかったか。
その前に、今までの状態を簡単に。

5~6年前に頻尿のために近所の病院に行ったところ子宮筋腫が見つかり、スプレキュアの注射による治療を1クール(半年間)やりました。
(スプレキュアで生理を止める→ホルモンを止める→筋腫栄養断ちで小さくなる)
それから、半年に1回くらい検査に来るように言われてたけど忘れてました。
その後、ここ2~3年で生理が不順になってきて、時には始まるといつまで経っても多量出血のまま止まらずということがあり、ホルモン剤を使って生理を止める→服薬やめると生理再開→ちゃんと止まる
というのを何度か繰り返しました。
そのときに「少し卵巣が腫れているけども、ホルモンの関係だと思うのでまた半年に1度くらい検査に来るように」
と言われましたが、また忘れて行かず。
最後に行ったのは2年前くらいとなりました。


そして今年3/9のこと。
娘と夜にスーパー銭湯に行き、入り終わって娘が飲み物を買うというので私はその間座って待っていました。
と、下腹、子宮とか膀胱のあたり?が突然キューっと痛み始まったのです。
「あれ?あれ?」と思っているあいだにどんどん痛くなってくる。
感じとしては子宮が収縮してるような?陣痛のような後産のような痛みでした。

時間は22時過ぎ。
なんとか娘の車に乗り込み、家へ帰ってそのまま布団に横になりました。
娘の病院は、今日は救急担当があまりよくないので、ガマンできるなら明日のほうがいいかも?と言われ
そのまま横になっていると、少しずつ痛みが和らいでいき、あるときスッと楽になったのです。
全くなくなったわけじゃないけど、さっきまでの激痛はウソのように引きました。
その日はそのまま眠りにつきました。

朝、目が覚めると痛みも感じず大丈夫そうかな…と思っていたら、また昨日と同じ急激な痛みが。
時刻は8時前くらい?
娘はもう出勤してしまっています。
この痛みではタクシーさえ乗れないかも?救急車を呼ぶか?それとももうちょっと休んで様子を見るか?
暫く横になっていると、わずかに痛みが引いてきたような感じがしたので、まず娘の病院で診てもらえるかどうか
病院に電話して娘を呼び出してもらいました。
状態を話すと、「外科で診てくれるから、今から迎えに行く」と言ってくれたので
来てくれた娘の車で娘の病院へ。

尿、血液検査、CTなど一通りの検査をしてもらいました。
結果、尿が汚れているとのこと。
それと卵巣が腫れているので、かかりつけの婦人科があったら行ってくださいとのこと。
圧迫された膀胱が上手く働かず、膀胱炎になったのかもしれないと。
それと腫瘍マーカーが少し高いけども、これは体質のせいかもしれないと言われました。
抗生物質と痛み止めを貰い、腹痛用の点滴をして帰りました。
帰る頃には痛みも大分引き、なんとか一人で歩けるくらいになったのでタクシーで帰宅しました。
あとで娘が紹介状とCTの結果を貰って帰ってきてくれました。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。