こねこのあくび

ぐうたら主腐の日常。 乙女ゲー・BL・猫・育児関連など徒然なるままに。

手術日決まりました

4/24。
病院から手術日についての電話がありました。
連休明けの5/7に手術、入院は5/4というのが最速でありますがどうですかとのこと。
少しでも連休に被ってたほうが家族の負担も少ないだろうと、その日付でお願いしました。
明るく可愛らしい声の女性だったので、てっきりナースの人だと思ってたら
あとで分かったことだけど担当医でしたw

4/27。
予約の日なので、術前検査の結果と手術についての簡単な説明などを聞きに行きました。
13時の予約で病院に着いて、今までにない混みっぷりにビックリ∑(゚Д゚;)
前回は15時の予約で1時間くらい待ったので、同じくらいの待ち時間を覚悟してたけど
早めの時間の予約だったせいか40分もかかりませんでした。
ここの病院は、順番が近づいて来るとメールで呼び出してくれるシステムがあります。
診察票に印字されてるQRコードを携帯で読み取って申し込みするとメールで呼び出してくれます。
毎回申し込まないといけないし、呼び出しは直前なのであんま遠くにはいけないんですけどね。
やあ便利になったものです。

呼ばれて入ってみると、また前回とは違う先生でした。
結構若い女性で、行ってても30代前半くらいかな?
この先生が先日手術日についての電話をくれたのでした。
明るく可愛らしい先生でとても話しやすく、終始和やかに話ができました^^
何か他に聞きたいことはあるか聞かれたときに、くだらなくて聞くのを憚られてたこととか些細な疑問にも
目を見てしっかりと分かりやすく答えてくれました。
M病院では、肝機能の数値が悪いのであとで内科で相談しないとと言われてたことを話したら
「正常の範囲内になっていて、ちょっと薬を飲んでも上がったりするし全く問題ありません^^」と言われました。
あと前回の診察でちらっと言われたけど、どうやら子宮内膜症もあるとのこと。
M病院で、生理が止まらないことで何度か薬を使ってましたが、特に病名は言われてなくて
それが子宮内膜症だったようです。ちゃんと言って欲しかったなあ(´・ω・`)

便がとても細いことも話したら、直腸に癒着してる可能性が高いということです。
ひどく癒着していると剥がすことはできないので、直腸も切除するようです。
んで伸ばしてきて肛門と繋げると。
悪性じゃなくても、子宮と癒着していたら子宮も取る。
卵巣のみ切除というのは、悪性でなく癒着もないという一番簡単な場合。それだと2時間くらい。
子宮も切除だと+1~2時間。
直腸もだと更に+1~2時間。
悪性ならリンパ節、大網もで更に1~2時間。
なので最高で7~8時間ほどになるそうです。

執刀は、今回のこの先生、前回の先生、もう1人別の腫瘍専門の先生、医員の先生。
この先生、こんなに若くて可愛らしいけど手術もするんです(゚∀゚;)しかも腫瘍専門。
前回の男性の先生も腫瘍専門で、腫瘍外来のリーダー?だそうです。
こんだけ立派な先生に手術してもらえるなら安心するしかないじゃないですか(*´∀`)

しっかりと話を聞き、「では風邪を引かないようにしてくださいね^^」と言われて診察は終わり。
あとは必要なものをきちんと揃えて体調管理をしっかりする。

以下ついったより

病院に検査結果聞きに来てる。椅子も足りないくらいに混んでる…13時予約だから午後一だからそんな待たないかなと思ったけど甘かったヽ(´Д`;)そしてこういう時に限って本とか持ってくるの忘れたー

診察終わってついでに買い物もして帰ってきた。ちと疲れた~。
病院で会計してる間、遅いお昼を展望レストランで食べたり腹帯など売店で買ったりその他簡単に探検してきた。いやこれ普通に迷うわ…かなり難解なダンジョン。大丈夫か私…まあしばらくは出歩けないけどw

今日話してくれた先生は担当医になるそう。昔の同僚の若い頃に良く似た、そばかすの可愛らしい先生で30いってるかな?すごい話しやすい。くだらないことまで聞けちゃったよ。これゴッソリ取ったら腹へっこみますかね!?とかw「う~ん、画像みた感じ今平らじゃないですか。あんまかわんないかもw」

まあ平らなのは仰向けだからなんだけどね…「そうなんですか…ちょっとガッカリしましたw」って言ったら笑ってたwずっと明るく雑談でもするように話してた。そういや最初にその後の痛みはと聞かれたので大丈夫だと答えたら「そうですか、それはよかったです^^」と言ってくれたのがかなり嬉しかった

最初の「ウチじゃ手術してません」といったM病院で、軽い痛みが続いていますと言ったら「これだけ大きくなってればどこかしら常に痛むのは当然なので我慢してください」と軽くあしらわれたのでねwまあ確かにそうなんだけど、やっぱものの言い方ひとつで患者の気分というのは変わるものなのだよね…

摘出したブツ、自分で見てみたいんだけど、「家族に見せるときに写真撮らせて貰っても構いませんか?」と聞いたら「いいですよ^^」とのことw果たして撮ってくれるかは別だけどw娘だったらやってくれるかな?自分の臓器って見てみたいじゃんね!ナマで見れることなんてそうそうないしねワクテカ



PageTop

入院予約・術前検査

4/20。
15時にダンナと一緒に大学病院へ、血液検査などの結果を聞くのと入院の予約を取りに行きました。
15時予約と言っても順番が来たのは1時間ほど経ってから…疲れたw
検査結果から見るには、おそらく卵巣がんⅠ期であろうと。
Ⅰ期の場合の術後生存率は9割。
チョコレート嚢種など、がんでなかった場合の手術時間は2時間くらい、
がんだった場合は5時間ほど。
入院期間は1ヶ月弱、術前2日くらい前から入院。

その他輸血や術後後遺症の説明を受け、入院予約を取って、心電図やレントゲン、肺機能検査と
入院説明などを受けて、終わったのが18時近く…疲れた(;´Д`)
実は3日前くらいから風邪引いて昨日まで熱あったし今日も咳も出てたので
肺機能の、思いっきり吸ってー吐いてーとかいうのはマジしんどかったですww

以下ツイッターからのコピペ

術前検査なう
肺機能検査苦しいw
レントゲン技師さんいけめん(≧∇≦)

担当技師さん別の人だった(;´ρ`)クマーだった

今日は入院の予約申し込みしてきた。後日先生から手術日の連絡が電話であるらしいけど、多分連休明け~5月中旬になるだろうと。まず卵巣とって迅速病理診断して、がんだった場合は子宮からリンパから周辺部位ごっそり切除。入院期間は1ヶ月弱くらい。

手術時間はがんじゃなければ2時間、がんだったら5時間目安。なんか同意書から保証書その他書類がいっぱいあるわ…あとパジャマはなんでもいいってHPには書いてあったのに、前開きにしてって今日説明された…もう買っちゃったのにwくっそまた買わないと(;´Д`)しまむらでいいかなもうw

説明してくれた看護師さんが肝っ玉母さんて感じの人だったんだけど病棟の人なのかな?術後翌日くらいはもうみんな大変ですよって脅されたw体調管理しっかりね、ちゃんと食べて栄養とってねって言われたわ。風邪で体重減ったし、美味いもんいっぱい食う!術後4日は食べれないしね!

以上。
今日の術前検査の結果を聞きに、次は1週間後4/27に予約しました。
ついでにパッドとか売店で買っていったらいいですよと言われたのでそうする予定。
ダンナが4/25~休みなのでまた連れていってもらいます。
入院までに必要書類いっぱい書かないと…(;´Д`)

ついった追記

天気いいから入院用のタオルバスタオル洗う。あと麻酔とか手術についての書類も読む。夜読むとアレなので今日こそ昼間読むw

入院説明をしてくれた肝っ玉看護師さん、どうもどっかで見たことあると思ったらディズニーシンデレラの魔女だよwあれを和風にした感じw多分歳周りは私よっか少し上なんじゃないかなあ

入院中シャンプーのことやら質問したときに清拭の話になって
看「術後の清拭は『痛くてそれどこじゃないからいい!』ってやらない人もいるのよ~w」
私「じゃあシャンプーの話なんて甘いですねw」
看「アッハハ、甘い甘い!」

術後のシンドイときはこのくらいの人のほうがいいんだろうな。単に優しいだけよっか気持ちが前向きになりそう。こういう人に大丈夫と言われるのは根拠のある大丈夫だから。良く知りもしない人に「あなたならきっと大丈夫」とか言われると却ってイラッとするw普通に「心配だけど頑張って!」のほうが楽


PageTop

MRI→大学病院へ

4/8、MRIをB医療センターで受けました。
幸いそれまでに強い痛みも来なくて良かった~。
オットが仕事を休んで車で連れてってくれたので助かりました。
だって都内で4月だってのに降雪とかあった寒さだったし∑(゚Д゚;)

13:30~、検査着に着替えてさて造影剤を点滴か…と思ったら造影剤なしでしたw
横たわって、気分が悪くなったとき用のコールボタンを持たせられました。
ナースコールみたいなボタン式じゃなく、なんてのかなーイチジク浣腸みたいなw
先端が風船状になったぐにゅっとしたラバーみたいなので、手のひらの中に入れてるとつい握っちゃいそうでヒヤヒヤw

横になってるとちょっと眠くなってくるんですが、仰向けなのでちょっとお腹が重苦しいのと
ひっきりなしのカッカッだのゴウンゴウンだので眠るまでは至らず。
てか眠っちゃったら無意識のうちに動いたりしてマズイので、この音は眠気防止でもあるのかなとか思ったりw

終わって、その日のうちに結果の報告含めた診察の予約が16:00~
14時にはもう終わってしまったので、一旦家に戻ってちょっと家事したり。
時間になり病院に戻って、オットと2人で検査結果を聞きました。
まあ当初の見立てとほぼ変わらず、位置的には多分
良性~悪性~~~~~(いまここ)~がん
のあたりと思われ、腫瘍マーカーの値から見ても、がんの可能性が高い、ということでした。
で、前回の説明どおりに大学病院での手術を勧められたので、
結果と紹介状を明日までに準備しておくので取りにきてくださいとのことでした。


帰ってきてから大学病院の新患受付の予約の仕方を見ると、紹介状を用意し
火曜日・木曜日 午後2時から午後4時30分の間に直接または電話で申し込むようでした。
うわータイトだわ…(;´Д`)
明日は丁度木曜だし、紹介状は午後イチで貰えるそうなので、貰ったら帰ってきてから電話するか
もしくは予行演習的に直接持ってってもいいかなと思いました。

そして翌日。
今回はバスで医療センターへ。
午後イチの時間が良くわからなかったけど、まあ13時くらいでいいのかな、と
着いたら13時過ぎで、ちょっとだけ待って受け取れました。
お天気もいいし、お昼もまだだったので院内の食堂でお昼を食べてから
このまま大学病院まで直接持って行くことにしました。
バスのアクセスも非常にスムーズで、14時過ぎには大学病院に到着。
去年の夏に改築したのでものすごくキレイです(*゚∀゚*)
1Fの片隅にはオサレなカフェもあるう❤
あとで病院のサイト見たら、他にコーヒーショップやら和風・展望レストランやらあるのですな…最近の病院スゲー…
私が働いてたとこも当時はレストランはあったけど、こんなにキレイじゃありませんでした。
こないだ娘と行ったときはやっぱキレイになってて色々できてましたけどね。

予約受付は、直接婦人科外来でお願いしますとのことだったので、紹介状を持ち
婦人科窓口に出すと、「(日にちとか)看護師が聞いてくれますのでお待ちくださいね」と言われました。

5分…10分…15分…
随分かかってるなあ~でも教授宛になってたから教授と連絡なかなかつかないのかしら…
仕方ないのでスマホのゲームを始めたけど、首は疲れるしバッテリーが鬼のように減っていくw
20分…30分…ああ、こんなならバッグの中に入れておいた本置いてくるんじゃなかった…
今日は申し込みだけだから読まないだろうと出してきたのに…
40分…50分…疲れたよパトラッシュ…とくじけそうになったところでクラークさんに呼ばれました。

「お待たせしました。今日これから診ていただけるそうです」
「…は?へ?い、今からですか??」
「そうです、今からで大丈夫ですか?」
「えっあっはい!大丈夫です…ビックリしましたw」
「フフ、私もびっくりしました^^」

待ってる間に予約の電話やら何本もかかってくるのが聞こえてたんですが
とある人は「朝8:30~9:00の間にご来院ください」とか言われててヒーー、とか思ってたんですよw
そんな早くてタイトな時間に来るには、私だったら5時起きじゃないとヾノ・∀・`)ムリムリ
…などと思っていたのでマジびっくりしたのでした。
それにしても気まぐれで直接来てみて良かったですw

早速新患受付を済ませてまた戻ってきて、呼ばれて診察室へ。
実際は教授ではない先生でしたが、それでも分かりやすい質問や説明をしてくれて
打ち解けやすく感じの良い先生でした。
エコーと持ってきたデータから状態の説明。
やはり「取ってみないと確定はできない。がんの可能性は高いけども、痛みのひどいときは値も高くなるので絶対とも言い切れない」
ということです。
どっちみちこの大きさの嚢腫は取ったほうがいいので、手術はするようになるだろうけども
15日夜にドクターが集まってカンファレンスを開くので、そのときに話し合ってどのような手術にするか、今後の方針なども
決めていくことになるそうです。
このあと帰りに血液検査などしてってもらって、それらの報告が、4/20の診察予約を取ったのでそのときにしてもらえます。

やっと病院も落ち着いて決まり、万が一このあと急な痛みが来てもここで診てもらえるし緊急手術もしてもらえるので
気分的にはとても楽になりました^^

PageTop